2010年05月18日

医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月14日、医療法25条に基づく病院への立ち入り検査の結果を公表した。公表したのは、2008年度に立ち入り検査を行った病院8292施設の検査結果。それによると、医療法に規定された医師と看護師の標準数を共に充足している病院は全体の87.5%で、前年度の85.4%より2.1ポイント増えた。

 立ち入り検査は、病院が医療法や関係法令で規定された人員や構造設備を備え、適正な管理を行っているか調べるもので、各都道府県が行った検査結果を厚労省が取りまとめて、年度ごとに集計する。

 今回の検査結果によると、医療法に規定された医師の標準数を満たしている病院は88.3%で、前年度(86.9%)より1.4ポイント増えた。地域別に見ると、「近畿」95.7%、「東海」93.1%、「関東」92.9%、「九州」89.9%、「中国」87.4%、「北陸・甲信越」84.9%、「四国」84.8%、「北海道・東北」73.1%で、すべての地域で前年度から増加した。ただ、「北海道・東北」は全国平均を15.2ポイントも下回っている。
 病床規模別では、200床以上で90%を超えており、500床以上では98.1%となっている。

 看護師(准看護師を含む)の標準数を満たしている病院は98.9%で、前年度の98.8%から微増。地域別に見ると、「四国」で100%に達したほか、「九州」99.8%、「中国」99.7%、「東海」「近畿」98.8%、「北陸・甲信越」98.7%、「北海道・東北」98.5%、「関東」97.9%で、「近畿」を除いて軒並み前年度より増えた。
 病床規模別では、「20-49床」が98.4%で最も低かった一方、「200-299床」「400-499床」「500床以上」で100%となった。

 また、医師と看護師の充足率が共に100%以上の病院は87.5%で、共に100%未満の病院は0.3%だった。
 病院規模別に見ると、共に100%以上の病院は、「99床以下」82.6%、「100-199床」87.8%、「200-299床」91.4%、「300-399床」91.9%、「400-499床」93.5%、「500床以上」97.9%で、規模が大きくなるほど割合が高くなっている。


【関連記事】
医師、看護師とも「充足」の病院は8割強
医療・介護の現場を反映、「政権政党」を意識−民主党参院選マニフェスト素案検証
医師不足、300床以上の病院も「厳しい状況」−全自病
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議
人口当たり医師数に16.4倍の地域差―日医総研

許可区域外で介護タクシー業=容疑の70歳男逮捕−警視庁(時事通信)
<転落>ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
「高齢者住宅、需要の発生に3つの“タイミング”」(医療介護CBニュース)
石原知事「鳩山大先生が知ってらっしゃるか知らないが…」(産経新聞)
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
posted by クボ ショウジ at 21:04| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。