2010年03月02日

地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は1日、先月27日に大地震に襲われた南米チリの首都サンティアゴ付近を陸域観測技術衛星「だいち」で撮影した画像を公開した。地震後の画像には、火災によるとみられる黒煙が広い範囲を覆っていた。
 だいちは地震から約8時間後、サンティアゴ付近を撮影。建物の倒壊や地形の変化など直接的な被害は判別できなかったが、北西部の広い範囲に黒煙が広がっているのが見えた。煙の最も濃い場所を昨年2月に撮影した画像で拡大してみると、工場のような建物がある区域だった。
 撮影データは国際機関を通じて提供され、被害状況の把握などに役立てる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション

<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は継続−気象庁(時事通信)
<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1〜3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)
<レタスカード>36億円詐取 容疑の元社長ら逮捕(毎日新聞)
145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)
posted by クボ ショウジ at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。